どもれども どもれども

30年間明るくどもり続ける吃音研修講師がお送りする吃音ライフを紹介します!

吃音症状でショック。。どうやって立ち直る⁉️

皆さん、どーもです✋
30年間明るくどもり続ける社内研修講師の阿部です。



吃音症状を出したくない時に強くどもってしまった❗️



吃音がある皆さんなら必ず経験することですよね。



今日は吃音症状が出て落ち込んでしまった時の立ち直り方について自分の経験から考えてみたいと思います。


f:id:reggae001:20210525073308j:plain
まず、皆さんはどのような時に吃音症状が出やすいですか?



学生さんであれば友達との会話、授業で答える時、アルバイト先の電話や接客などでしょうか。



社会人の方であればプレゼンテーション、電話対応、名刺交換、会議時の発言などがありますよね。



私の吃音に対する基本姿勢は「どもっても気にせず想いを伝える」ことなので、基本的にはどもったとしても落ち込むことはほとんど無くなりました。



でも、そんな私でも「ここはどもらず伝えたい❗️」と思う時は多々ありますし、そんな時に強くどもるとかなり落ち込んでしまいます。。。



⬇️つい先日も仕事である社内研修で強くどもり、落ち込みました。
abe-kenshu.hatenablog.com




では吃音症状によって落ち込んでしまった時、どのように立ち直ればいいでしょうか⁉️




私がいつも実践している立ち直り方を紹介しますね☝️


それはこの2つです。

  1. どもる事が普通であることに気付く。
  2. 伝わったかどうかを気にする。

まずは改めて自分にとって"どもること"について考えてみましょう。



皆さんがどもりたくない状況にいる時、スムーズに話せる自分をイメージしていませんか⁉️



もちろん成功イメージは大切です。



しかし、スムーズに話せる自分に固執し過ぎると実際に話した時のギャップに落ち込み度が強くなってしまいます💦



私たちにとって、"どもること"が普通、日常なのです。



逆に言いますと、"どもらず話せること"の方が稀なんだと考えてしまいましょう。



なので、どもった時に落ち込むのではなく、どもらず話せなかった時に喜ぶことを意識してみましょう✨




そして、もう1つ。
伝わったかどうかを気にしましょう。



これも吃音のある私たちの癖ですが、ついつい話し方に気を取られてしまいます。



相手に伝わったかどうかを常に気にするようにしましょう☝️



言葉は想いや用事を伝えるための道具の1つです。



言葉を上手く使えた状況というのは、相手に伝わったかどうかで判断しましょう。



いくらどもっていても相手に伝わっていればそれでいいのです。



伝わっていなければ根気よくもう一度話すか、メールなど別の方法で伝えればいいのです。



いかがでしたでしょうか⁉️



この記事を読んでちょっとだけでも皆さんの気持ちが軽くなったとしたら最高に嬉しいです✨



安心してどもれる世の中へ



本日も最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️

この記事に共感していただいた方はポチッとお願いします☺️
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村