どもれども どもれども

30年間明るくどもり続ける吃音研修講師がお送りする吃音ライフを紹介します!

丸亀製麺チャレンジ‼️母音変換法の効果は⁉️

この度は当ブログ【どもれども どもれども】にお越し頂きありがとうございます😊



吃音研修講師の阿部と申します🙇‍♂️



吃音(きつおん)という、どもってスムーズに話せない症状を持ちながら大好きな研修講師の仕事と向き合う日々を過ごしております👨‍🏫



初めてこのブログに訪れていただいた方もいるかと思いますので、まずはこちらの記事を読んで頂きたいです👏

吃音について知って頂きたい全ての事を書きました✍️

abe-kenshu.hatenablog.com

皆様から沢山の反響、応援メッセージをいただき感謝申し上げます🙇‍♂️

メッセージの1つ1つが私のパワーとなります💪
是非周りの方にも吃音について教えてあげて下さいね😉



さてさて、本日はこちらのツイートについて深掘りして書いてみたいと思います✍️



ツイートを見られた方の中には「いきなり何をやってるんだ⁉️」と思われた方もいらっしゃると思いますので、説明させていただきますね👍


私を含め吃音を持つ方々は、"言いにくい言葉"をそれぞれ持っています。


その言葉を言う時は強く吃音症状が出てしまい、なかなかうまく言えません💦


それによって、
「注文したいけど言いにくいから注文できない。」
「どもってしまう事が怖いので、言いやすいメニューしか注文出来ない」

という事が起こってしまいます💦
私にとっては丸亀製麺さんのメニューがそれに当たります☝️


例えばこちらのメニューです📖


メニュー一覧 | 讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺


いずれもカ行から始まる言葉ばかりで、私にとっては難関中の難関です😣


特に釜揚げうどんは憧れのメニューなのです。。。(か、か、か、か、、、、、ぶっかけうどん!とギリギリでメニューを変えてしまう程です💦)


そこで、個人的に"吃音症状を気にせず好きなメニューを注文出来る方法"を模索しているわけです🔎


方法はいくつかあるのですが、今回のチャレンジで試したのが母音変換法です☝️



母音変換法についての詳細は過去の記事で詳しく紹介していますので、こちらも合わせて読んでみて下さい☺️
abe-kenshu.hatenablog.com



母音変換法を簡単に説明しますと、
言いにくい言葉の頭の文字を母音に置き換える方法です。


例えば、テリヤキバーガー➡️リヤキバーガー といった感じです☺️


これ結構使えるんです👍


自分が思っているよりも相手にきちんと伝わるんです❗️


それではもう一度先ほど紹介したツイート上の音声を聴いてみてください👂


どうぞ👇



ねっ⁉️通じているでしょ⁉️😆



人間の脳の素晴らしさを改めて実感できますね👌
"文脈を読む"ってやつですね👍



この方法は注文だけでなく、電話や会議の発表、プレゼンなどでも大いに使えますので、吃音を持つ皆さんはあらゆるシーンで試してみて頂ければと思います😁



今後も母音変換法を使って色々とチャレンジしていきますので、引き続きツイートのチェックをお願いしますね☺️


本日も最後までお読みいただきありがとうございました👏